エコール製品情報  光酸化処理とは

 光酸化処理とは

光酸化処理装置で使用されている紫外線ランプは低圧水銀灯と呼ばれる放電管で、基本的な発光原理は一般に照明として使用されている蛍光灯と同じです。


廃水処理装置 光酸化

水中の汚染物質除去に使用されている紫外線ランプは通常の殺菌灯で使用されている波長254nmの紫外線と同時に高エネルギーの185nmの紫外線も発生させ、高い 出力を得るように設計されています。

光酸化処理装置では2種類の紫外線を酸化剤に照射することにより、酸化剤だけの処理では得られない相乗効果を発揮します。

その相乗効果の要因はヒドロキシラジカル(OHラジカル)という物質にあり、この物質はオゾン処理や酸化剤処理では殆んど発生させることができません。

ヒドロキシラジカルはフッ素に次ぐ高い酸化還元電位を持っており、反応性も高く選択性を持たないため、様々な有機性汚濁物質の分解に有効と言われています。


光酸化処理装置内部ではオゾンや酸化剤を紫外線により活性化し、ヒドロキシラジカルを効率よく発生させることができるため、酸化剤の持つ能力以上の効果を発揮させることが可能になっています。


強力な酸化力により、

・無機化合物は結晶化して濾過除去

・有機化合物は分解除去

するため、スラッジなどの二次廃棄物を出さないクリーン処理として非常に注目されています。






製品情報

  医療機器部門

    − 実験動物用マイクロチップ

        ・ 従来のマイクロチップ

        ・ マイクロチップの普及状況

  環境事業部門

    − 廃液・廃水処理装置

        ・ 光酸化処理とは

    − 養鶏業向け環境資材

    − 海外向け環境衛生品